Archives by Month: 1月 2017

販売や商品開発に役立つマーケティング


ビジネスの場で幅広い分野で役立つ知識を習得したいと考えているなら、流通やマーケティングの知識が役立ちます。ショップ店員からメーカーの社員などになりたい方は、流通の知識を身に付けておけば顧客ニーズに対応した商品サービスができるようになります。商品の提供をしている企業なら、大中小に関わらずマーケティングの知識は必要となり、売上を伸ばす専門知識があるほうが有利です。

たとえば、スパーバイザーやマーチャンダイザーなどの専門職から、店長経営や起業して自ら販売をおこなう人材、メーカーの営業職、販売スタッフ、メーカーの商品企画でも必要となります。専門学校でも流通やマーケティング、経済学などの基本的な知識を身に付けることができる学校もあるため、これらの職業に就きたい方は専門学校入学も検討してみましょう。

取得できる資格やスキルは、販売師、ビジネス実務法務検定、ビジネス実務マナー検定、ビジネス文書検定などです。これらは商品開発や販売に関わらなくても役立つ知識ばかりで、社会人として働く方にとって必要となります。さらに現代社会において必要となるMOS検定も受けることができ、ビジネスの場の基礎力を習得したい方にもおすすめです。

現代社会では欠かせないIT技術


IT技術がめまぐるしく進化する現代では、ビジネスの場でもIT関連の知識を身に付けることは必須になりつつあります。さまざまな現場でもパソコンを使いこなすことは当たり前で、社会人になる前に基礎知識として身に付ける必要があるのです。ビジネスに特化した専門学校の多くは、IT技術の習得を基本としているところが多く、プログラマやエンジニアなど専門職に就かなくても、IT技術習得は必須だといえます。

今ではどんな企業や公的機関でも、WEBを使った情報発信は当たり前の時代となってきています。しかし、現在管理職についている世代では、コンピュータが一般家庭に広がり始めた時代となっており、IT技術の専門知識を身に付けている人は少ないのです。その一方でIT化が求められているため、どのような企業でも若者に基礎知識を求めている傾向があります。

たとえばどのような職場でも必要な技術として、Word・Excelのビジネスソフトの習得があげられます。今ではITと関係が無いと思われる職業でも、これらのソフトは使えなければなりません。事務や経理スタッフはもちろんのこと、販売に関わる人材もコンピュータ教育が必要となる時代となっています。また、ビジネス系の専門学校では、Word・ExcelなどMOS資格取得ができる学校が多くなっています。